【報告】調布ボラセン活動記録[第一章]

味の素スタジアム避難所での調布市被災者支援ボランティアセンターの活動記録です。情報共有ため今回の経験を電子書籍として記録に残すようにしたいと思います(現在は、第一章のみ)。

調布ボラセン活動記録

第一章 震災当日からボランティアセンター開設まで揺れ動いた12日間
└ 実際のメールのやり取りを公開し、味スタ避難所にボランティアセンターが開設されるに至った過程を紹介しています。(37頁)

【主な流れ】
3/19 調布ボランティア情報サイトを公開
3/20 ボランティア仮登録フォームをサイトに追加
3/21 ボラセンの運営を調布市社会福祉協議会が行うことが決定
3/22 ボラセンの開設準備

【コラム】
関係機関の調整
偶然と必然と

One thought on “【報告】調布ボラセン活動記録[第一章]

  • 調布ボラセン

    東京新聞にこの電子書籍のことが掲載されました。

    ◇味スタ避難所の50日つづる 調布市社協 ボラセン活動記作成中(東京新聞)
    「活動記の第一章は都や市との調整を経て、センターが開設されるまでのスタッフ同士のメールのやりとりが中心。同社協には避難所開設が決まった直後から「ボランティアがしたい」と問い合わせが殺到しており、その思いをホームページやツイッターなどを活用して活動に生かせるようになるまで、スタッフが知恵を絞った過程がつづられている…」
    続きは、こちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です