災害発生時のIT活用@群馬県庁

群馬県庁 災害時のIT活用プレゼン
5月1日、「災害発生時のIT活用と市長の役割」というタイトルの勉強会が群馬県庁にて行われました。
参加者は、群馬県副知事、長野県佐久市長、群馬県安中市長、県議、市議、危機管理担当職員、警察、ITの方々、総勢30名。

そこで、味スタ避難所や伊豆大島の災害ボラセンでのIT支援の経験から、各自治体での防災体制づくりの一環として、災害ITボランティアの活用と事前の資機材準備、地域でのIT人材の発掘と育成が大切というお話をさせていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です