【応援完了】思い出の宝物を持ち主に返そうプロジェクト


主催:調布から!復興支援プロジェクト
内容:
東日本大震災での津波の被害により、被災地では写真・アルバム・位牌などの品物が散乱していました。それを自衛隊員やボランティアがひとつひとつ集めました。石巻市で集まった量は段ボール箱1,000箱を超えています。たとえ写真一枚であっても、被災者にとっては貴重な思い出の残る大切な宝物のはずです。

そこで思い出の品物を持ち主に返そうという運動が始まりました。


作業は、旧石巻市役所・議会棟で、石巻市とアースデイ東京が協働でおこなっています。
海水に浸かってしまった写真の洗浄、乾燥、展示などの手伝いが主な内容です。重労働ではないので、普通の作業ができる仕度で結構です。

(1)日にち:7月18(月)・19(火)・20(水)日の2泊3日。
マイクロバスで18日早朝に調布出発、20日夜調布に帰って来ます。

(2)活動場所:旧石巻市役所・議会棟
(3)募集人数:男性8名、女性2名
(4)参加費:男性8,000円、女性12,000円
(値段の違いは宿泊する部屋の違いです)
(5)宿泊場所:石巻グランドホテル
(男性=大広間1室、女性=ツイン1室)
(6)食事(19・20日の朝食を除く)は各自負担です。
(7)その他
 └ボランティア保険(600円~)に入っていただきます。
 └シャワーは各部屋に1つあります。

<参考>
(1)思い出の品物(津波による流出物)について
(石巻市ホームページ)
(2)『宝物アクション』にご参加ください!
(アースデイ東京ホームページ)

お申し込み・お問い合わせは大須賀まで
Eメール:osuga01@u01.gate01.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です